鬼才 押見修造の個性的過ぎる作品

惡の華

押見修造の名が本格的に広がった作品

スイートプールサイドは2014年に公開された映画ですが、それ以前から映像化されていた作品は他にもある。中でもインパクトをもたらした作品であり、押見先生ならではの世界観がこれでもかと表現された『惡の華』が挙げられます。

今作がアニメ化の発表がされた際、オタクショップで働いていた時にこちらの作品を本格的に知るようになった。最も、フロアの商品管理をする上で今作のタイトルは何度も見ていましたが、それでもその時までは作品については知らず、ただそういう物があるという程度の認識でとどまっていた。正直な話、そこから先に一歩踏み出さなければ良かったかもしれない、と思わなくもない。それだけ押見修造という漫画家が創りだす彼の世界観があまりに斬新というには戦慄を覚えるような内容だからだ。

この惡の華にしても例外ではない、それこそスイートプールサイドみたいな剃毛をテーマにしているようなものにも及ばない作品だったりする。それを面白いと肯定する人もいるでしょうが、筆者的には当時は受け入れるだけの価値観は持ちあわせていなかった。それでも作品の人気は高く、改めて興味を持ってみた時には純粋に『面白い』と感じたものだ。

作品概要

タイトルからして不吉な内容なのでは、と思うかもしれませんが、それはそうだ。惡の華でテーマになっているのは『絶望』であり、そこから見える思春期ならではの自我彷徨によって行方がどうなっていくのかを描いた青春マンガとなっています。こちらの作品も一応、青春マンガで、スイートプールサイドと同じだという。正直信じられないの一言だが、最初こそ背徳的な世界観に戸惑いを受けるかもしれませんが、物語が展開することによって登場人物たちの心象心理が克明に描かれているのが見て取れます。

ではまず、簡単にあらすじから紹介していこう。

あらすじ

内向的な性格の主人公、春日高男はクラスで一番の美少女である佐伯奈々子に仄かな恋心を寄せていた。しかしふれあうきっかけを掴むことがない中で、ある放課後に出来心と好奇心から彼女の体操着を盗んでしまった高男。誰にも見られていないと思っていた、しかしそれをクラスで一番の嫌われ者である仲村佐和が目撃しており、バラされたくなければ自分の命令に従えと要求してくる。秘密を守るため、彼女に隷属する高男だったが、佐和のあまりに無茶な支持に呆れながらも、彼女との邂逅によって自己の内側に眠る人格に何かを見出していく。

それは高男だけでなく、佐和と奈々子まで巻き込んでいき、自己認識出来ずにいた少年少女たちに確かな自我境界を構築していくのだった。

現実と理想とのギャップ

一見するとこの作品では主人公がヒロインの1人である少女に、見られてはいけない盗難現場を目撃されてから脅迫めいた行動を強いられるようになった、というふうに見るべきかもしれません。しかし同時に今作の根源的なテーマである『絶望』という概念がもたらす意味合いが絡んできています。

そもそも主人公たちにはそれぞれ難があり、特にヒロインである『仲村佐和』に関してはそれまでの経験などから鬱屈した日々を強いられているかのような表現がされているからだ。見ていけば見ていくほど、主人公である高男を脅迫する佐和の姿は、まるで理性という蓋で押し隠してまで自己を隠すなと告げているように見えてくる。高男が抱え込んでいるもの、それを解き放つことで彼はもちろん、自分も何かタガが外れていけると思えたからだ。

それもそのはず、誰に対しても凶悪的に接する佐和が高男と過ごす時だけは1人の、どこにでもいる平凡な少女のような振る舞いが印象的です。

奈々子さえも巻き込んで

高男が盗んでしまい、渦中の人物になった奈々子だったが、あるきっかけを元にして2人は交際を重ねるようになる。しかしその後、佐和はそのことさえも利用して高男にあれこれと要求はしますが、それで彼女が奈々子との関係を破壊するといったことまでに至っていない。ただ高男と佐和の関係を知ることになった奈々子が引き起こした事件もあって、3人はそれぞれ違う道を行くようになる。

ある意味この出来事こそ、彼らの分岐点だったのでしょう。

自分が何処にいるのか

今作における絶望とは、いわば自分が抱く『自己認識』と周囲の人々が寄せる自分との乖離が著しく、どれが本当の自分なのかわからない、思春期ならではの心理が忠実に表現されている。よくある話ですが、他人が抱く自分のイメージと、本当の自分との違いがあるのはよくある話だ。主要登場人物全員も、それぞれ心に抱えている葛藤に苛まれて自分を見いだせずにいる。抑圧している感情を発露させることなく、自分の内に秘めているだけで自分を見ようとしない。そんな精神的な物が今作においても描かれている。